クマに襲われ男性重傷 北塩原・桧原湖畔、遊歩道で犬の散歩中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 3日午前7時15分ごろ、福島県北塩原村桧原字館山の桧原湖畔の遊歩道で「クマに襲われた人がいる」と近くのペンションの男性から119番通報があった。喜多方署によると、東京都の公務員男性(64)がクマに襲われ、顔などに重傷を負った。

 同署によると、男性は家族で旅行に来ており、同7時ごろ、犬の散歩で遊歩道を1人で歩いていた際、突然目の前にクマが現れ襲われた。顔を引っかかれたほか、足をかまれ、抵抗できない状態だったという。クマはそのまま去っていき、男性は自力で近くのペンションまで逃げて助けを求めた。クマの体長は不明。男性の命に別条はないという。

 同署や村職員が現場周辺をパトロールしたほか、地元の猟友会が駆除のためクマを探したが、発見されていない。

 クマの被害を巡っては、4月28日に会津美里町東尾岐字烏帽子嶽の山林で山菜採りをしていた女性2人がクマに襲われ、重軽傷を負った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補