盛り上がっています!「令和」商戦 元号印字の酒や菓子、福袋...

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「令和」ラベルの商品が並ぶ酒売り場=中合福島店

 「令和」の文字が入った日本酒や菓子。大型連休の人混みの中には「令和」と描かれたTシャツを着た男性の姿も。福島県内の百貨店では特集コーナーが設けられるなど、新元号を歓迎する雰囲気の中で「令和」商戦が盛り上がっている。

 ◆「平和な時代続いて」

 郡山市のうすい百貨店は7日まで「令和特集」と銘打ち、食品や生活雑貨を中心とした記念商品を販売している。同店によると、4月27日~5月1日の来店者数は昨年同期と比べ、3千人ほど多いという。

 令和記念のワインや日本酒、甘酒などの特設ブースを設置した酒売り場では、約10種類の商品のうち、数種類が売り切れるなど盛況。同店担当者は「予想を上回る人出で売れ行きも好調。連休で商品を再入荷できないのが悩み」とうれしい悲鳴を上げている。

 2日に同店オリジナルの令和ラベルが巻かれた甘酒を試飲し、購入した着物着付け講師(74)=郡山市=は、「口当たりも良く、優しい味が令和にふさわしいと思った」とし「平和な時代が続いてほしい」と話した。

 ◆新時代の記念品人気

 福島市の中合福島店では、「令和」が印字された木製の杯や日本酒、菓子を扱っており、一部の商品はすでに完売するほどの人気ぶりだ。

 酒売り場では、令和ラベルの金水晶酒造店(福島市)や奥の松酒造(二本松市)の各純米吟醸酒、アサヒスーパードライなどを販売。同店担当者は「『令和』と直接印字された杯や菓子は特に人気で、日本酒も残り少なくなっている」と話した。同店は3日まで、各日先着500人に「令和」のクリアファイルをプレゼントした。

 いわき市のイオンモールいわき小名浜でも、各専門店が改元と大型連休に合わせて、福袋や特別価格で商品を販売。県内外からの買い物客でにぎわっている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補