城彰二さん、実技交え基本指導 福島・石川でサッカー教室

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちにシュートの打ち方を指導する城さん

 サッカー元日本代表城彰二さんを招いたサッカースクールは4日、福島県石川町の母畑レークサイドセンターで開かれ、子どもたちがサッカーの基本技術を学んだ。

 城さんは東日本大震災後から毎年同町を訪れ、子どもたちを指導している。8回目の今回は石川郡内から約60人の小学生が参加した。城さんとフリースタイルフットボール世界大会準優勝の横田陽介さんがコーチを務めた。

 城さんは「サッカーはスペースを見つけることが重要で『蹴る、止める、走る』が基本」と説明。実技を交えながら、足首をしっかり固定し、ボールをよく見てシュートすることをアドバイス。ゲームも行われ、城さんらと子どもたちが対戦。城さんがドリブルを披露すると、子どもたちも懸命にボールを追い掛けた。

 スクールはきららサッカー連盟の主催、母畑レークサイドセンター運営協会の共催、福産建設、石川ライオンズクラブなどの協賛。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補