福島県出身2人、海外派遣へ決意 JICA二本松、1次隊入所式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
入所した古内さん(左)と湯田さん

 国際協力機構(JICA)二本松青年海外協力隊訓練所は6日までに、二本松市の同訓練所で本年度1次隊入所式を行った。福島県出身2人を含む青年海外協力隊158人が入所した。

 本県出身者は、福島市出身の古内彰さん(26)=ジンバブエ派遣、柔道、同市出身の湯田しおりさん(29)=ミャンマー派遣、数学教育=の2人。

 入所式では富安誠司所長が式辞を述べ、湯田さんが「仲間と助け合い、高め合いながら隊員としての知識を身に付けたい」と宣誓した。

 長野県の駒ケ根訓練所では、福島県出身の安部裕太朗さん、大友裕子さん、伊藤沙英美さんが入所式に臨んだ。横浜訓練所では大西諒さんが日系社会青年海外協力隊派遣に向けて訓練に臨む。