南会津の繁盛店...会津若松に開店 人気の秘密!味と店主の人柄

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「御食事処まり」の厨房(ちゅうぼう)に立つ佐藤さん。「お客さんとの会話が何より楽しみ」と話す

 南会津町で飲食店「ラーメンまりちゃん」「ソースかつ丼まり」を約25年間営業していた佐藤マリ子さん(65)が、会津若松市七日町に「御食事処まり」を開店した。佐藤さんは「ソースカツ丼の激戦区だが、新たな気持ちで頑張りたい」と意気込んでいる。

 南会津町の店舗は口コミで人気が高まり、県外からツーリング客が多く訪れる繁盛店だった。以前はメニューも豊富だったが、対応できないため最近はラーメン、ソースカツ丼、セットの3種類に絞って提供していた。味はもとより佐藤さんの人柄も人気の秘密で、佐藤さんに会うために来店するリピーターも多かったという。

 佐藤さんは店舗の老朽化などもあって物件を探しており、会津商工信用組合の支援などで移転が実現した。タンメンやカレーライス、ギョーザ、もつ煮込み定食など移転に合わせて復活したメニューもあり、午前9時~午後9時に営業している。

 「お客さんと話していないと調子が狂ってしまう。だから休まない」と佐藤さん。新たな場所で、出会いを積み重ねていく。

 住所は会津若松市七日町7の24。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補