ごみ置き場放火「面白いかと思って」 郡山で放火疑いの男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 6日午前1時50分ごろ、郡山市のごみ置き場から出火、ごみ袋3袋などを焼いた。郡山署は同日午前11時ごろ、建造物等以外放火の疑いで本籍福岡県、住所不定、無職、容疑者男(44)を逮捕した。容疑者は「火を付けると面白いかと思ってやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同日午前1時50分ごろ、同市のごみ置き場で、ごみ袋にライターで火を付けて放火した疑い。

 同署によると、容疑者は除染作業員として郡山市にいたことがあったという。通行人からの110番で駆け付けた署員が、現場近くにいた容疑者を発見、職務質問したところ、火を付けたと認めたという。現場付近ではこれまでにも不審火が数件発生しており、同署が関連を調べている。