消防本部職員が女子トイレ盗撮疑い カメラ設置「魔が差した」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 盗撮目的で女子トイレにカメラを設置したとして、郡山署は7日午後10時25分ごろ、建造物侵入と県迷惑防止条例違反の疑いで郡山市、郡山地方消防本部職員、容疑者男(30)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月9日午後2時30分ごろ~同10日午前9時30分ごろ、盗撮目的で郡山市堂前町の同本部女子トイレ個室内に小型カメラ1台を設置した疑い。

 同署によると、容疑者は「魔が差した」などと供述し、容疑を認めているという。女性職員がカメラに気付き、同署が捜査していた。事件を受け、郡山地方消防本部は8日、会見する予定。