郡山の新営業所完成 日野興業、事業規模拡大で移転

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
郡山西部第1工業団地に建設した新営業所

 仮設トイレの販売やレンタルを手掛ける日野興業(千葉県市川市)は13日から、郡山市の郡山西部第1工業団地に新設した営業所に移転して業務を始める。同所で8日、新営業所の竣工(しゅんこう)式を行った。

 同社は同市西田町に営業所を構えていたが、需要の増加に伴い事業規模を拡大するため、同工業団地への移転を決めた。敷地面積は約9494平方メートル、事務所・倉庫の延べ床面積は約551平方メートルで、敷地、建物とも従来の約2倍の広さとなる。仮設トイレの洗浄施設も整備した。移転に伴い新たに2人を雇用しており、今後もさらに雇用を増やしていく方針。

 式では、神事に続き、積田喜信社長が「規模拡大によってお客さまの要望に応え、今後も地域社会に貢献したい」と述べ、吉崎賢介副市長があいさつした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補