いわき市職員、アロハシャツで業務 「アロハデー」開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アロハシャツを着て業務に取り組む職員

 福島県いわき市は8日、市職員がアロハシャツを着ながら業務に取り組む「アロハデー」を開始した。

 市がシティーセールスとして掲げる「フラシティいわき」の発信に向け、毎年夏季に設定している。今年は9月までの毎週水、金曜日と、夏祭り期間の7月27日~8月8日をアロハデーとした。

 市によると、派手な見た目でなければ、着用するアロハに制限はないという。市役所本庁舎では、職員たちがそれぞれの着こなしで、一足早い"いわきの夏"をアピールしていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補