「フェアリージャパン」福島合宿 17日~19日、全日程を一般公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年の東京五輪での活躍が期待される新体操の日本代表「フェアリージャパン」が17~19日、福島県福島市の国体記念体育館で合宿を行う。同市は東京五輪の野球・ソフトボール競技の開催地となっており、東京五輪に向けた機運醸成につなげる。

 木幡浩市長が8日、市役所で開いた定例記者会見で発表した。合宿には選手13人とスタッフ4人が参加する。「ふくしま新体操クラブ」など3団体と合同練習もする予定で、全日程を一般に無料で公開する。

 19日午前11時からは日本代表などが演技を披露する。木幡市長は「市民や子どもたちに一流の技術を感じてもらい、夢を持つきっかけにしてほしい」と話した。