60代男性、なりすまし100万円被害 「保険料の還付金がある」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県二本松市の60代男性が市職員などを名乗る男からの電話を信じて、現金約100万円をだまし取られる被害に遭っていたことが8日、二本松署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件として調べている。

 同署によると、男性方に7日午後1時ごろ、二本松市職員を名乗る男から「保険料の還付金がある」などと電話があった。

 その後、金融機関職員を名乗る男から電話があり、キャッシュカードと通帳を持って現金自動預払機(ATM)に行くように指示された。男性は指示通りにコンビニのATMを操作、現金約100万円を送金したという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「参院選」公示 福島選挙区に3人立候補、自民現職と野党激突