「放射性物質」分布可視化システム開発 ドローン搭載3次元表示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本原子力研究開発機構(JAEA)と放射線測定器開発の千代田テクノル(東京)は9日、特殊なカメラを搭載した小型無人機「ドローン」による撮影で、放射性物質の分布を3次元で可視化できるシステムを開発したと発表した。県内の帰還困難区域内で実施した実証試験では、サーベイメータで半日以上かかった測定が30分未満に短縮されたとしている。

 従来の手法より短時間で広範囲の測定が可能となり、作業コストの低減などが期待される。東京電力福島第1原発や帰還困難区域、里山などでの活用を想定しており、年度内に実用化する予定という。

 実証試験では、放射線源を色で表示できる「小型軽量コンプトンカメラ」と3次元モデルを構築するセンサーをドローンに搭載。1月末に帰還困難区域で上空15メートルから約7千平方メートルの範囲を撮影した。

 局所的に放射性物質が多く沈着する「ホットスポット」が赤で表示されるため、広範囲でも短時間で汚染状況が検知できるとしている。放射線量の値は表示されない。ドローンは飛行範囲を設定すれば自動飛行も可能という。

 システム開発に当たっては福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想関連の補助金を活用。地元企業として南相馬市の栄製作所も加わり、部品製作などに携わった。