「只見線」新スマホカバー製作 復旧支援第2弾、種類増やす

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スマホカバーのデザインを手掛けた会津大短期大学部の卒業生

 携帯電話専門店を経営する会津若松市神指町のエヌ・エス・シーは、只見線をデザインしたスマホカバーを製作する。購入型クラウドファンディング「MOTTAINAIもっと」で購入希望者を受け付けている。

 只見線復旧のために販売額の一部を寄付する同社の只見線応援プロジェクトの一環。同社は昨年、只見線沿線の四季折々の風景をデザインしたスマホ手帳カバーとモバイルバッテリーを販売した。
 第2弾となる今回は、デザインの種類を増やしてスマホカバーを販売する。昨年の奥会津郷土写真家の星賢孝さんに加え、鉄道画家の松本忠さん、色鉛筆画家大竹恵子さん、会津大短期大学部の卒業生のデザインが新しく加わる。

 スマホカバーは4千円(税込み)。問い合わせは同社(電話0242・22・6663)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区