「なでしこジャパン」サッカー・W杯メンバーに遠藤ら23人選出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本サッカー協会は10日、フランスで6月7日(日本時間8日)に開幕する女子ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表「なでしこジャパン」23人を発表し、18歳の遠藤純(日テレ、白河市出身)らが選ばれた。17人が初のW杯代表。

 2011年大会優勝、15年大会準優勝の日本は2大会ぶりの頂点を狙う。福島市出身の高倉麻子監督は「全てこのW杯のために準備をしてきた。難しい挑戦だが、優勝を目指さない限り、手に入れることはできない」と意気込んだ。

 本県関係では遠藤に加え、JFAアカデミー福島出身の菅沢優衣香(浦和)、三宅史織(INAC神戸)、平尾知佳(新潟)、元東京電力女子サッカー部マリーゼの鮫島彩(INAC神戸)が選ばれた。遠藤、三宅、平尾の3人はいずれも初のW杯代表となる。チーム最年少の遠藤は「年齢にとらわれず、自分のプレーを最大限発揮したい」としている。

 チームは22日に千葉県内で合宿を開始。6月2日にフランスでスペイン代表と親善試合を行う。24チームが6組に分かれて争うW杯1次リーグはD組に入り、10日(日本時間11日)にアルゼンチン、14日にスコットランド、19日(同20日)にイングランドと対戦する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補