走行中のクレーン車「横転」...県道が一時通行止め、けが人なし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11日午前5時ごろ、南相馬市の県道で、走行中のクレーン車が道路脇の畑に横転した。南相馬署によると、運転していた男性にけがはなかった。

 事故の影響で、現場周辺の県道約1.1キロが同日午前10時20分から3時間15分にわたり、通行止めとなった。

 同署によると、男性は浪江町に仕事で向かう途中で、「対向車がいたため左に寄った際に横転した」などと話しているという。同署が原因を調べている。