会津若松で「コンビニ強盗」 店員脅し現金奪った疑いで男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11日午前9時50分ごろ、会津若松市、コンビニ「セブン―イレブン会津東山店」で、「強盗が入った」と同店から110番通報があった。通報を受けた会津若松署員が向かったところ、数分後に同市の駐車場で、服装や顔の特徴などが通報内容と似た男を発見。同日午後1時30分ごろ、同署が強盗の疑いで男を逮捕した。

 逮捕されたのは、同市、無職、容疑者男(40)。逮捕容疑は、同コンビニで店員に包丁のようなものを示して「金を出せ」などと言って脅し、レジから現金約20万円を奪った疑い。店内には当時、店員や客がいたが、いずれもけがはなかった。容疑者は容疑を認めているという。

 同署によると、現場は同市の県道付近。容疑者は徒歩でコンビニに向かい、現金を奪った後、走って現場から逃走したとみられる。同署は動機などを調べている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補