「メガステージ二本松」建設計画 複合型、20年オープン目指す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県内各地に複合型ショッピングセンターを展開するアクティブワン(白河市、鈴木俊雄社長)が二本松市に同センター「メガステージ二本松」の建設を計画していることが11日分かった。2020年のオープンを目指す。同社が同日、住民説明会を開き、概要を示した。

 同社によると、建設予定地はJR二本松駅の南東に位置する冠木地区で、国道4号二本松バイパスと国道459号交差点の北側。敷地面積は約3万8000平方メートル。

 鉄骨平屋の計11棟を整備し、総床面積は約1万2000平方メートル。スーパーマーケットやホームセンター、ドラッグストアなどの出店が予定されている。駐車場収容台数は約670台。

 同社は白河市や矢吹町、石川町、須賀川市、田村市にメガステージを展開している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補