吾妻山の火山性地震「減少」 気象庁、引き続き注意を呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁によると、噴火警戒レベルが「火口周辺規制」の2に引き上げられた本県と山形県にまたがる吾妻山(一切経山)の11日の火山活動は午後6時現在、火山性地震が16回で、火山性微動は観測されなかった。

 また、10日は火山性地震が49回、火山性微動は観測されなかった。

 火山性微動が2回、火山性地震が111回観測された9日に比べて発生は減少しているが、同庁は火山活動は続いているとみて、引き続き注意を呼び掛けている。