喜多方の9観音歩いて巡拝 歴史に思い、座禅も体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
高吉観音で参拝する参加者

 熱塩温泉山形屋夢倶楽部は11、12の両日、喜多方市にある「会津の三十三観音めぐり」の9観音を巡るイベント「歩いて巡拝 会津三十三観音めぐり」を開き、参加者が各観音などを訪れた。

 日本遺産に認定された会津の三十三観音めぐりを喜多方に根付かせようと開いた。約20人が参加した。

 参加者は高吉、綾金、大木、松野、熱塩、勝、熊倉、竹屋、遠田の各観音を徒歩で参拝。願成寺や日中線記念館にも立ち寄り、示現寺では座禅体験も受けた。郷土史研究家の石田明夫さんも同行、参加者に観音の説明などをしながら、参加者が歴史に思いをはせた。