酒造りへ田植え作業 福島で復興支援、安倍昭恵さんも参加

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
安倍昭恵さんら田植え作業の参加者たち

 福島市で栽培した酒米を山口県の永山酒造で醸造する日本酒造りプロジェクトの4年目の活動が12日、同市荒井の水田で始まった。田植え作業には安倍晋三首相夫人の昭恵さんも加わった。

 NPO法人銀座ミツバチプロジェクト(田中淳夫理事長)の主催。復興支援を目的に2016(平成28)年から始まった。栽培した酒米「五百万石」で造った日本酒「精一杯」を都内や県内などで販売している。

 木幡浩福島市長や関係者、東京や山口などから約70人が参加。晴天の下、参加者が一列になって苗を手植えした。当初から事業に関わる昭恵さんは「全国の人々が関わることが福島復興につながる」と話した。