放火か、いわきで下草火災3件 火の気がない場所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
下草火災の現場

 12日午前4時5分ごろ、いわき市内郷内町金坂の市道脇の竹やぶから出火、下草や竹など約0.5アールを焼いた。

 現場付近では8、11日にも同様の火災が発生しており、いずれの現場も火の気がないことから、いわき中央署は放火の可能性があるとみて調べている。

 同署や市消防本部によると、火災は8日午前5時5分ごろ、11日午前10時30分ごろにも発生、下草や竹などを焼いた。12日の火災を含めた3カ所は、半径45メートル以内という。

 同署などは現場付近を警戒するとともに、詳しい原因を調べている。

 現場近くに住む80代女性は「立て続けに火災が発生するのは不気味で怖い。早く原因が分かってほしい」と表情を曇らせた。