「南相馬滑走路」固定翼型ドローン初飛行 福島ロボット試験場

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県などは13日、南相馬市などに整備を進めているロボットの研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」内に開所した「南相馬滑走路」で、固定翼型の小型無人機「ドローン」の初めての飛行試験を報道公開した。

 南相馬滑走路はアスファルト舗装された長さ500メートルの無人航空機用滑走路で、飛行試験や操縦訓練に使用できる。緩衝地帯を広く確保しており、衝突回避や不時着、落下などの特殊な飛行が可能だ。

 県は現在、南相馬滑走路から約13キロ南側の浪江町に長さ400メートルの浪江滑走路の整備を進めており、本年度中に開所する予定。

 南相馬滑走路初の飛行試験を行ったのは、宇宙航空システムの研究開発を手掛けるテラ・ラボ(愛知県)。

 試験では、大型固定翼のドローンで滑走路を走行させたほか、小型固定翼のドローンを滑走路から離陸させて飛行。上空から地上に飛行データを無線で送信する試験も行った。

 同拠点は中核施設となる研究棟が9月に開所、本年度中に全ての施設が完成して開所する予定。