ヒルクライム前に清掃 氷玉峠、会津美里・江川建設工業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
コース沿いの環境美化に努める社員ら

 会津美里、下郷両町を結ぶ氷玉峠で19日に行われる自転車レース「第16回時空(とき)の路(みち)ヒルクライムin会津」を前に、会津美里町の江川建設工業は13日、コースとなる県道下郷・会津本郷線(大内宿こぶしライン)で清掃活動を行い、参加した社員が選手の安全な走行を願い汗を流した。

 沿線の環境を整備し、全国から集まる大会参加者に気持ちよくコースを走ってもらおうと、毎年実施している。同日は社員約30人が参加。

 氷玉トンネルから福永バイパスまでの約13.5キロを歩きながら、吸い殻や空き缶などを拾い集めた。 

 出発式では、渡部英敏町長、杉山純一県議が社員を激励した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補