福島県建設業協会・小野会長退任へ 後任は長谷川氏を軸に調整

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県建設業協会の小野利広会長(69)=福島県南土建工業社長=は今月下旬の任期満了に伴い、退任する意思を固めたことが分かった。小野氏は14日、福島民友新聞社の取材に「本県の復旧・復興事業がおおむね完了し、会長としても一区切りがつく」と述べた。後任は長谷川浩一副会長(57)=堀江工業社長=を軸に調整が進んでおり、24日の総会で新役員を正式決定する。任期は2年。

 小野氏は白河市出身。高崎経済大経済学部卒。東日本大震災の影響で任期途中の2011(平成23)年11月に副会長から会長に就き、現在4期目。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区