四季折々...美しい風景「只見線」 福西本店で星賢孝さん写真展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
展示作品を解説する星さん

 奥会津やJR只見線の風景を撮影し会員制交流サイト(SNS)に投稿、美しい風景を世界に発信している奥会津郷土写真家星賢孝さん(70)=金山町=の写真展「只見線・四季彩々」が15日、会津若松市の福西本店で始まった。台湾など海外からの観光客が大勢訪れる「ブーム」の火付け役にもなった星さんが「地域の宝」と表現する只見線の写真が来場者を魅了している。6月16日まで。

 星さんは「地域のために何か貢献できないか」と、只見川の川霧を生かした「霧幻峡の渡し」の船頭など幅広く活動する。只見線の写真を撮り始めたのは二十数年前からで、県内で大きな功績を残した個人・団体を顕彰する本年度の第29回みんゆう県民大賞(福島民友新聞社主催)のふるさと創生賞に選ばれた。

 写真展では、46点の作品が春夏・秋冬に分けて各部屋に展示されている。

 写真展は会津若松まちづくり株式会社の主催、会津信用金庫の共催。同市の会津信用金庫七日町支店にも写真が展示されている。日本財団「わがまち基金」を活用した地域活性化事業。

 金山町と交流がある作家椎名誠さんがモンゴルで撮影した写真も同時に展示されている。

 福西本店は午前10時~午後5時。入場料大人300円。18日午後5時30分からギャラリートーク(入場無料)、6月2日午後5時30分から星さんとデザイナー斎藤志登美さんとのトークセッション(同)が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補