7年連続の日本一輝く!福島県「金賞」22銘柄 全国新酒鑑評会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 酒類総合研究所(広島県東広島市)は17日、2018酒造年度(18年7月~19年6月)の日本酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会」の審査結果を発表した。本県は、特に優れていると評価された金賞酒に22銘柄が選ばれた。金賞銘柄数は都道府県別で最多となり、7年連続の「日本一」に輝いた。全国初の6年連続だった昨年度の快挙を塗り替え、新たな歴史を刻んだ。

 全国から857点の出品があり、入賞は416点。このうち、金賞が237点。本県の入賞は31点だった。都道府県別の金賞銘柄数は秋田が18、兵庫が16、新潟が15、長野が14だった。

 2001酒造年度以降の金賞受賞では、「奥の松」の東日本酒造協業組合(二本松市)が11年連続で県内最多の17度目。国権酒造(南会津町)が12年連続15度目。金水晶酒造店(福島市)名倉山酒造、鶴乃江酒造(会津若松市)豊國酒造(会津坂下町)が13度目の金賞を獲得した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区