会津アスパラ味わって 若松で「あいづ食の陣」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津アスパラのおいしさをPRしたキャンペーン

 3カ月ごとに食材を変え会津の食の魅力を発信するイベント「あいづ食の陣」のテーマ食材「会津アスパラ」(4~6月)をPRするキャンペーンが15日、会津若松市のコープにいでらで行われた。

 食の陣は、あいづ食の陣実行委員会の主催。「会津人が胸を張っておいしいと言える食材を旬の時期に味わってほしい」と、2014(平成26)年に始まった。食材の旬に合わせ、会津地鶏、会津アスパラ、トマト、コメと酒の四つの食材をテーマに、同市内の飲食店や宿泊施設で旬の味を楽しむことができる。

 キャンペーンでは、会津アスパラを含めて千円以上購入の買い物客を対象に抽選を行い、当選者には食の陣参加店舗で使える食事券をプレゼントした。

 同市の會・マチエールの馬場正佳シェフがレシピ提供し、「アスパラとクルミのしょうゆこうじオリーブオイル炒め」の試食も行われた。

 会津産厳選コシヒカリ「AiZ―RiCE(アイヅライス)」の試食販売会も開かれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補