「新生わらじまつり」全体練習 音楽家・大友良英さんが指導

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初めての屋外での全体練習で、縄が付いた輪を手に踊る参加者ら=福島市・あづま総合運動公園軟式野球場

 6月1、2の両日に福島県福島市で開催される東北絆まつりで初披露される「新生わらじまつり」の全体練習が18日、同市のあづま総合運動公園で行われた。

 屋外での全体練習は初めて。出演する踊り手や太鼓演奏者ら約200人が、新しいまつりの総合プロデュースを担当する同市ゆかりの音楽家、大友良英さんの指導を受けながら、熱のこもった練習を繰り広げた。

 縄が付いた輪を両手に持った踊り手が、迫力ある太鼓や笛の演奏に合わせて手を上げ下げしたり、体を回転させるなど、情熱的な踊りを披露した。

 全体練習は19、25、26日にも行われる予定。