新常磐交通「富岡-東京線」暫定運行 高速バス、6月20日から

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新常磐交通は6月20日から、高速バス富岡―東京線の暫定運行を開始する。同社の停留所がある富岡町の常磐道富岡インターチェンジ(IC)を始発に、広野ICも経由する。同社が20日までに、国土交通省に認可申請した。

 常磐道富岡、広野の両ICからの利用料金は、大人3550円、小人1780円。住民帰還の進み具合やJヴィレッジの全面開業など、浜通りの復興に合わせた対応で、運行は1日2往復。JRいわき駅より大人100円、小人50円増に抑えた。

 認可後の9月を目標にした本格運行では、停留所にJヴィレッジや道の駅ならはを組み入れるルートを計画している。