クマ被害受け「明神ケ岳」山開き中止 山菜取りの女性襲われる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津美里町の山林で4月、山菜採りをしていた女性2人がクマに襲われた事故を受け、同町教委は22日までに、6月2日に予定していた同町の明神ケ岳(1074メートル)の山開きを中止することを決めた。入山は可能だが、町教委は注意を呼び掛けている。

 喜多方、二本松などで「クマ」目撃

 22日午前10時5分ごろ、喜多方市山都町の宮古川沿いで、「木に登るクマを目撃した」と近所の男性から市役所を通して喜多方署に通報があった。

 同署によると、クマは午前9時ごろ目撃された。体長は約1メートル。現場から約300メートル南西にある山都小は集団下校する児童に教職員が付き添ったほか、山都中は生徒に注意喚起した。

 また、二本松市木ノ根坂の県道では午後2時30分ごろ、道を歩くクマ1頭を目撃したと郵便配達中の男性から市役所に届け出があった。二本松署によると、体長は約1メートル。郡山市熱海町でもクマの目撃情報が郡山北署に寄せられた。