夢ガールキャンペーン隊出発 JA夢みなみ、地元農産物PR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
橋本組合長から委嘱状を受ける宗形さん(右)

 JA夢みなみは21日、同JA農産物販売促進員「夢ガールキャンペーン隊」に同JAの女性職員8人を委嘱した。8人は福島県内外で管内の農畜産物や加工品のPRに取り組む。任期は来年2月29日まで。

 出発式が須賀川市の同JAすかがわ本店で行われた。橋本正和組合長が宗形芽依(めい)さん(総務課)ら一人一人に委嘱状を手渡し「共に生産者が丹精した農畜産物のPRに努めていこう。職員としても大きく成長するよう期待する」と激励した。

 同隊を代表し笹原奈央子さん(浅川支店営農生活課)が「消費拡大や風評払拭(ふっしょく)に努める」と決意を述べた。