「自転車マナー」再確認 会津学鳳中、高で視覚体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
事故を再現するスタントマン

 交通事故の怖さを視覚的に疑似体験する「スケアード・ストレイト教育技法」を用いた自転車交通安全教室が16日、会津若松市の会津学鳳中・高で開かれ、生徒が自転車のマナーや交通ルールを再確認した。県警、会津若松署の主催。

 生徒や地域住民ら約千人が参加した。湯田重哉校長、増子浩同署地域交通官があいさつし、鵜川淳同署交通1課長が同署管内の交通事故の発生状況などについて講話した。

 映画でも活躍するプロのスタントマン「WORSAL(ワーサル)」が自転車と歩行者、自転車同士、車と自転車の交通事故など、さまざまなシチュエーションの交通事故を再現し、生徒に交通ルールを守ることの大切さを伝えた。生徒代表は「自転車は危険な乗り物だと実感した。交通ルールを守って乗る」とお礼の言葉を述べた。