県内気温上昇、伊達・梁川28.2度 福島は26日「猛暑日」予想

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
7月中旬の陽気となった福島市=23日午後

 23日の福島県内は高気圧に覆われた影響で、県内全域で晴れ間が広がり、日中の気温が上昇した。最高気温は、福島市と伊達市梁川町で28.2度、石川町で271度と7月中旬並みの陽気となった。

 福島地方気象台によると、24日の県内も高気圧に覆われ、広い範囲で晴れる見込み。予想最高気温は福島市で29度、相馬市で28度、会津若松市と白河市で27度の予報。南から暖かい空気が流れ込むため、週末はさらに気温が上がり、福島市の26日の予想最高気温は35度となっている。

 まだ体が暑さに慣れていない時期のため、運動会や行楽など屋外にいる時間帯を中心に屋内でも油断せず、水分・塩分補給などの熱中症対策が必要だ。

 ◆熱中症疑いの男性心肺停止

 23日午後0時20分ごろ、三島町の住宅で、熱中症の疑いで40代男性が会津若松市の病院に運ばれた。男性は心肺停止の状態という。

 会津若松地方消防本部によると、「家族が倒れて動かなくなった」と男性の家族から119番通報があった。男性は屋外でランニングした後、帰宅してから体調を崩したという。