線路に男性、列車が緊急停止 JR磐越西線・喜多方-山都間

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 23日午前11時30分ごろ、福島県喜多方市山都町字町尻のJR磐越西線喜多方―山都間で、下り快速列車が線路のレールの間に倒れていた喜多方市の男性(86)の上を通過し緊急停車した。男性は車体と地面の隙間に位置していたとみられ、右腕にけがをしたが、命に別条はない。

 喜多方署によると、男性は線路内を歩いていたが何らかで転倒したとみられる。列車の運転手は男性に気付いたが間に合わず、列車は約100メートル進み停車した。

 乗員乗客15人にけが人はなく、列車は約1時間5分後に出発した。JR東日本によると、上下線2本に遅れが発生し、約35人に影響が出た。