白河で住宅全焼、焼け跡から1遺体発見 家人女性と連絡取れず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 24日午前4時20分ごろ、白河市、女性(76)方から出火、木造2階建て住宅約97平方メートルを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。火災後、76歳女性と連絡が取れなくなっており、白河署は、遺体は76歳女性とみて身元の確認を進めている。

 同署と白河地方消防本部によると、消火活動に当たった女性が軽いやけどを負って同市の病院に運ばれたが命に別条はないという。

 同署などによると、76歳女性は1人暮らし。近隣に住む男性が「住宅から黒い煙と火が上がっている」などと119番通報した。現場にいた住民の話などから、建物内部から出火した可能性が高いという。

 現場はJR白河駅から東に約500メートルの住宅地。同署などが原因を調べている。