目を奪う往年の名車200台 西会津、なつかしカーショー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ポルシェ社でフル装備した正規輸入車のポルシェ911Sなど往年の名車が並ぶ会場

 往年の名車が集う「西会津なつかしカーショー2019」は26日、西会津町で開かれ、来場者らが珍しいクラシックカーやスーパーカーに目を奪われた。

 町などでつくる実行委の主催。10年以上続く町の恒例行事で、一時中断していたが昨年から再開した。

 会場には、ポルシェ社でフル装備した「ポルシェ911S(1968年式)」や「A型フォード(30年式)」「コロナ(66年式)」など約200台の名車が会場にそろった。

 初代クラウンと新型クラウンが並ぶ特別展示では、多くのカメラマンらがシャッターを切りながら国産自動車の歴史に触れた。