フラガール「笑顔届ける」 全国きずなキャラバン、OGが激励

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
(左から)元リーダーの加藤さん、現リーダーのアウリイさん、元副リーダーの大森さん

 スパリゾートハワイアンズ(いわき市)が8年ぶりに復活させるフラガールの「全国きずなキャラバン」の出発式が26日、福島県いわき市の同施設で行われた。初演は6月21日に決まり、OGからの激励を受けたリーダーのアウリイ晴奈さんは「先輩方の絆の精神を受け継ぎ、全国に元気と笑顔を届けたい」と決意を新たにした。

 式では、元リーダーの加藤由佳理さんが「自分が楽しむことを忘れずに、頑張ってきてほしい」と激励。元副リーダーの大森梨江さんがアウリイさんに花束を贈呈した。フラガールOG13人による1日限りの特別公演も行われ、フラダンスを通じてキャラバンの主役となる現役ダンサーにエールを送った。

 全国きずなキャラバンは、東日本大震災で同施設が被災して休館となり、踊る舞台を失ったフラガールたちが、被災地の力になりたいと2011(平成23)年5~10月に展開。26都府県と韓国・ソウルの125カ所で247回の公演を行い、国内外に福島の元気・復興を発信した。

 今回は、震災後の全国からの支援への恩返しの思いを込めて、現役ダンサーが当時訪問した場所などで公演する。

 期間は6~11月の半年間で、6月21日の熊本学園大付高(熊本県)を振り出しに、同県益城町(ましきまち)、東京都、千葉県など約20カ所を予定している。