県内連日の猛暑日、若松35.6度 福島成蹊高で一足早く衣替え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
涼しげな夏服で登校する福島成蹊高の生徒=27日、福島市

 27日の福島県内は高気圧に覆われて晴れ、福島地方気象台によると、最高気温は会津若松市で35.6度、石川町で355度、喜多方市で351度、福島市で350度の猛暑日となった。県内で5月に2日連続で猛暑日となるのは初めて。

 同気象台によると、県内32の観測地点のうち、26日の15地点よりも多い17地点で5月の観測史上最高気温を記録した。福島市の福島成蹊高では一足早く衣替えを行い、生徒たちが爽やかな夏の制服に身を包んで登校した。

 28日の県内は高気圧の影響が続き、日中は晴れや曇りの予報だが、夜は寒冷前線が通過するため多くの地点で雨が降る見込み。

 予想最高気温は福島市で30度、会津若松市で28度、いわき市小名浜で25度。27日に比べて暑さは和らぐものの、平年を大きく上回ると予想されることから、同気象台は引き続き熱中症への注意を呼び掛けている。