「絆まつり」カードで買い物 サブ会場でキャッシュレス実証実験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
専用のカード読み取り機を使った決済のイメージ

 東邦銀行と三井住友カードは福島市で「東北絆まつり」が開催される6月1、2の両日、同まつりのサブ会場の一つで新浜公園に設けられる「福島うまいもの広場」で、クレジットカードを使ったキャッシュレス決済の実証実験を行う。

 同市で一部競技が行われる来年の東京五輪を見据え、店舗、来場者にキャッシュレス決済を体験してもらうことで、海外で進展するキャッシュレス決済の普及・促進を図る。

 出店する38店舗のうち「柏屋」や「ら・さんたランド」「米沢牛炭火焼肉 上杉」などが協力。専用アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレット端末に専用のカード読み取り機を接続することで、クレジットカードをかざしたり、挿入するだけで決済できるサービス「Square(スクエア)」を活用する。協力店舗にはカード読み取り機を無償で提供する。VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーのクレジットカード主要6ブランドに対応。問い合わせは東邦銀行クレジットカードセンターへ。

 使用可能店舗

 ら・さんたランド、八島食品、柏屋、福島ユナイテッドFC飲食部、arufa6767、BLTカフェ、上杉、てんぷら ひら井、路地バルLabo