配色考案の高専生表彰 いわき・常磐共同火力で煙突ライトアップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新緑カラーで彩られた200メートルの煙突

 いわき市佐糠町の常磐共同火力勿来発電所は23日、同発電所の高さ200メートルの煙突をライトアップする「勿来ゆめライト」の配色デザインを考案した福島高専生を表彰した。

 表彰式は同校で行われ、小泉俊彰社長が4~7月のデザインに採用された学生に表彰状と記念品を贈った。不採用だった学生には参加賞が贈られた。今月は31日まで、明るい光と新緑を表現した「新緑」で彩られている。