大筆で書道に挑戦 いわき、「愛」や「友好」大胆に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大筆で力強く文字を書く参加者

 書道を体験するイベント「書道の基礎と大筆体験で、絵心ならぬ、字心をきたえよう!」は26日、いわき市遠野町の金沢翔子美術館で開かれた。参加者が書道の魅力を体感した。

 幅広い年代や国籍などの人々が参加し、芸術文化体験を通して交流を深めるために、市が開き、NPO法人ソーシャルデザインワークスが企画、運営を担当した。

 市内外から32人が参加。基礎を学んだ後、水で文字を書ける布に長さ130センチほどの大筆で書道に挑戦した。

 「愛」「友好」などの文字を大胆に書いた。気持ちが入った作品を記念撮影するなどして、楽しんでいた。