郡山で一夜限りのバー 県産にこだわり、カクテルや料理堪能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県産のオリジナルカクテルを振る舞う小針さん(右)

 郡山市の京香は26日、同店のラウンジに「一夜限りのBar」をオープンさせ、来店客が県産食材にこだわったカクテルや料理を堪能した。

 東京でバー3店舗を手掛け、県産品を積極的に発信している小針裕さん(玉川村出身)をゲストバーテンダーに迎えて開いた。

 県産のフルーツやトマトを使ったフレッシュカクテル、自家栽培ミントのモヒート、地ウイスキー「963」のハイボールなどを提供。

 福島牛のサーロインステーキ、あんぽ柿の白あえなど、県産食材をふんだんに使った料理も振る舞った。

 2部制で開き、計約50人が来店。この日しか味わえないオリジナルカクテルを存分に楽しんでいた。