鏡石「田んぼアート」苗植え 今年は『眠れる森の美女』テーマ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田んぼアートの成功を願い、田植えに取り組む子どもたち

 鏡石町の「田んぼアート」の田植えが26日、町図書館北側の水田で行われ、町内外から集った参加者がアートの成功を願いながら作業を進めた。

 地元農業団体などでつくる実行委の主催で「豊作祈願田植え祭り」として開催。8回目となる今回は、過去最多の6色9種類の苗で童話「眠れる森の美女」をテーマに実施する。デザインは、2017(平成29)年から参加しているアニメイラストレーター湖川友謙さん(東京)が手掛けた。

 参加者は約70アールの水田で、泥と格闘しながらも丁寧に苗を植えていった。実行委によると、アートは7月上旬に見ごろを迎え、8月中旬には隠れデザインが現れるという。