「エアレース」19年シーズンで終了 室屋参戦、千葉大会最後に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市在住の室屋義秀選手(46)が参戦するレース専用飛行機の国際大会「レッドブル・エアレース」が2019年シーズンで終了する。主催のレッドブルが29日、発表した。今季は当初、全8戦を予定していたが、6月のロシア大会、7月のハンガリー大会、9月7、8日に開かれる千葉大会の全4戦で終幕を迎える。

 今季は、2月の開幕戦・アブダビ大会で17年シーズン年間総合王者の室屋選手が優勝。しかし春に予定されていた第2戦欧州大会の日程と会場が決まらないなど不透明な状況だった。レースは03年に始まり、一時中断はあったものの、計90回を超える大会が開かれてきた。同社は終了の理由について「外部の関心を引き付けることができなかった」としている。