「五輪仕様バス」運行開始! 福島走る路線バス、開催地をPR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東京五輪仕様にラッピングされた路線バス

 来年の東京五輪・パラリンピックで野球・ソフトボール競技の一部試合が行われる福島市は、五輪開催地のPRとして、市内を走る路線バス1台や市有マイクロバス1台などに東京五輪仕様のラッピングを施した。29日に運行がスタートした。

 五輪のマスコット「ミライトワ」とパラリンピックのマスコット「ソメイティ」が描かれ、「東京2020オリンピック 野球・ソフトボール 福島市開催」「感動を夢や希望に!」のフレーズをデザインした。市公用車にも五輪を周知するマグネットシートを貼り付ける。同日、市役所で行われた車両の公開に立ち会った木幡浩市長は「東北絆まつりで訪れる県内外の方に目にしてもらい、さらにオリンピックムードを盛り上げたい」と話した。