市街地活性化策探る 郡山商議所がセミナー、秋田駅の取り組み紹介

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
セミナーを聴講する議員ら

 郡山商工会議所は29日、郡山市の郡山ビューホテルアネックスで、コンパクトな都市づくりを通した中心市街地の活性化をテーマにしたセミナーを開いた。受講した議員らが、郡山の未来像を描く「郡山グランドデザイン」の実現に向けたヒントを探った。

 JR東日本仙台支社の島児(しまご)伸次総務部担当部長・企画室長が「自治体のコンパクトシティ構想を踏まえた地方中核駅におけるまちづくりの展開」と題して講演した。

 島児氏は、同社が秋田県や秋田市と連携して進めている「ノーザンステーションゲート秋田」の計画をはじめ、東北各地の駅周辺活性化に向けた取り組み事例を紹介した。

 秋田駅周辺のバスケットコートを備えた「秋田ゲートアリーナ」や学生マンション・合宿施設の整備、駅ビル壁面を使ったプロジェクションマッピング、健康とスポーツをテーマにした「プラチナタウン」の推進などの取り組みについて説明した。

 併せて議員総会が開かれた。滝田康雄会頭があいさつ。郡山グランドデザインの策定をはじめ、巡回経営相談や創業チャレンジショップ事業、広域観光ルートづくりなど昨年度事業が報告された。