福島県産木材、都内に発送 東京五輪・パラ選手村建設に使用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
トラックに積み込まれ出荷された県産木材

 2020年東京五輪・パラリンピックの選手村施設「ビレッジプラザ」の建設に使用される県産木材の出荷が31日、いわき市の協同組合いわき材加工センター小川工場で始まり、第1便のヒノキなどが都内の建設現場に発送された。

 同施設に全国の自治体が国産木材を提供し、大会終了後も各地で木材を「レガシー」として活用する「日本の木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ」プロジェクトの一環。本県をはじめ、全国の63自治体が参画している。

 31日は、施設の柱や土台として活用される、白河市など県南地方産ヒノキが出荷された。一般的な木造住宅1棟分に相当する約21立方メートルがトラック2台で運ばれ、1日に建設現場に搬入される見込み。本県からは10月までにスギ、ヒノキ計約113立方メートルが出荷されるという。

 ビレッジプラザは選手村の代表的な施設で、選手村東側の一角に整備される。各国チームの歓迎式典が行われるほか、カフェやメディアセンターなどが設置される。大会終了後は解体し、再利用できる加工済み木材として、出荷元の自治体に戻されるという。