県産食肉ハンバーグ発売 郡女大付高生考案、郡山で記念イベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来店者に試食を勧める生徒たち

 郡山女子大付高食物科の生徒たちが考案した「プリンセスハンバーグ」が1日、発売された。郡山市のJA農産物直売所「愛情館」で記念イベントが開かれ、生徒が本県産の食肉をぜいたくに使った商品をPRした。

 県食肉生活衛生同業組合と協力し、麓山高原豚と福島牛を原材料にしたレトルトのハンバーグを開発。生徒たちは、おいしく食べ応えのあるように豚と牛の使用比率を変えるなど試行錯誤して完成させた。味はトマトソースとおろしソース、カレーソースの3種類で、1個730円。愛情館や、JA福島さくらの農産物直売所などで販売する。

 この日のイベントでは生徒たちが店内で商品を販売したり、来店者に試食を勧めた。同校マーチングバンドの演奏も披露され、イベントに花を添えた。

 商品の問い合わせは同組合へ。