「リアルなサムライ気分」 甲冑着付け好評、会津若松・田季野

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
手ほどきを受けながら、甲冑を身に着ける観光客ら

 会津若松市の割烹「田季野」は、入店者への甲冑(かっちゅう)の無料着付け体験を始めた。「リアルなサムライ気分」が手軽に味わえると、利用者から好評を得ている。

 5月31日には、観光客が同店のスタッフらの手ほどきを受け、甲冑を身にまとい、写真撮影などを楽しんだ。千葉県柏市の男性(67)は「会津に来るのは3度目。いつもは鶴ケ城を見て帰ってしまうが、貴重な体験ができた」と笑顔を見せた。

 同店では、甲冑2着を用意。申し出があれば、予約なしで着用できる。着付けは5分程度。

 田季野のおかみ、馬場由紀子さんは「見るだけでなく、体験して、会津を訪れた人がそれぞれの旅の形をつくってほしい」と話している。