「警察犬」3頭決定 福島北署で嘱託書交付式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
嘱託書の交付式に臨んだ警察犬3頭の所有者と署員ら

 福島北署は5月31日、県警捜査嘱託犬に決定した警察犬3頭に嘱託書を交付した。期間は1日から1年。

 嘱託を受けたのは福島市の武田友子さん所有のノエラ・フォム・ディック・ヘルト(シェパード、雌7歳)と同市の高橋豊さん所有のディー・オブ・テラワキ・サトウ・ジェイピー(ラブラドール・レトリバー、同6歳)、川俣町の三浦市雄さん所有のリタ・フォム・ハウス・ノルネ(シェパード、同2歳)。

 同署で行われた交付式では、竹田正人署長が武田さんらに嘱託書を手渡し「捜索の際に力を借りて、管内の安全・安心を守っていきたい」と述べた。